室野井洋子 1958 - 2017 資料と回想


いま・ここにとどまることのないモアレを透かして あの世がのぞくものなら
この世の端をつたう歩行が死(生)のかたちを あらかじめえがくものなら




写真ヴィデオチラシ他公演歴プロフィール


編集者として回想補遺






室野井洋子著「ダンサーは消える」(新宿書房)

「ダンスは創るものではなく
みずからのからだに
動きを、形を、色を、音を、ことばを
じぶんを、他者を、環境を、空を
見いだしてゆく作業です」


舞台の上の一線を越える苛烈さにも、
日々の生活の機微の中にも、
たちあらわれてくる「踊る身体」。
そのうつろいゆく肌理(きめ)を精確に把握すること。
ダンサー室野井洋子の40年にわたる実践の中で綴られた、
踊り、身体、稽古の言葉。


発行:ザリガニヤ
発売:新宿書房
B6判/212頁/並製
本体2000円(税別)
ISBN978-4-88008-476-3 C0073

全国の書店、オンライン書店(Amazon,紀伊國屋 BOOK WEB、他)
でお求めいただけます。
ザリガニヤでも通販いたします。(送料無料)
■ご注文 お問合せ■
(inand@outlook.jp)





©ザリガニヤ 無断転載を禁じます

 
アクセスカウンター